車にBluetoothレシーバーを設置して音楽を聴く方法

前提として、私の車のナビ/オーディオ機器にはBluetooth機能はありません。

私は車で音楽を聴くとき「FMトランスミッター」を利用していました。シガーソケットに差し込むだけで使えるのでほんと手軽ですしね。

でもノイズがちょこちょこ入る…!

あれ、けっこうイラっとしますよね。どうにかならないものか?と調べた結果、AUX端子に差し込むタイプのBluetoothレシーバーを設置すればいけるみたい。

車にAUX端子がない

でもないんですよ、AUX端子が車に。

ということで、まず、AUX端子をマイカーに用意することから始めることに。

VTRアダプターをナビ/オーディオ機器に差し込む

VTRアダプターとはAUX端子を用意するために必要なものです。

私が購入したもの↓(購入時の価格:1,180円)

《VI-03》◆トヨタ ダイハツ レスサス イクリプス ナビゲーション用!! VTRアダプター (RCA メス端子:3.0m) 外部入力に

これを車のナビ/オーディオ機器に差し込みます。

ちなみに、差し込む機器がどこにあるかは車によるみたい。カーナビの後ろやセンターコンソールなどなど。(自分の車の場合どこなのか?という情報は、車種+VTRアダプターなどでググってください…!)

私の場合はトランクルームにありました。だから3Mとケーブルが長いVTRアダプターを購入したというわけです。

RCA端子をAUX端子に

VTRアダプターの先っぽが赤白黄色(RCA端子)になってますよね。

これをAUX端子にします。

私が購入したもの↓(購入時の価格:598円)

VCE オーディオ分配ケーブル 3.5mmステレオ(メス) – RCA(オス)×2 ステレオ変換ケーブル

赤同士、白同士繋げたら完成です。

めっちゃ簡単、ようはVTRアダプターさえ差し込めばOKみたいなもんですね。

AUX端子にBluetoothレシーバーを

AUX端子が用意できたら、肝心のBluetoothレシーバーです。

無難にAmazonで評価が高いものを購入しました↓(購入時の価格:3,699円)

AUKEY Bluetooth レシーバー 車載用 3.5mm Bluetooth オーディオレシーバー BR-C8(ブラック)

ハンズフリー電話にも対応(丸い機器にマイクが内蔵されています)、そしてUSBの差込口が3ヵ所あるので、1ヵ所Bluetoothレシーバーに使っても2ヵ所余ってます。

1つはスマホ充電用のUSBケーブルを設置しました。あと1つ何に使おうかな。。

なお、余談ですが、ハンズフリー電話は1人で運転してたらいいんですが、みんな乗ってたら照れますよね。そんなとき、スマホ側のペアリング設定で、音楽のみにできますよ。

MUSICサービスと車のネット環境

最後に、私が使ってるMUSICサービスと車のネット環境をご紹介。

Amazon Prime Music

Amazonプライム会員ってほんと便利ですね。

よくAmazonで買い物しているので、プライム会員になっているんですが、その特典の1つとしてAmazon Prime Musicも聞き放題…!なので、Amazon Prime Musicを活用しています。
⇒ Amazonプライム

「mineo」か「どんなときもWiFi」

動画をみる予定のときは、使い放題、かつ持ち運びできるWiFiの「どんなときもWiFi」を車に積んでいるんですが、音楽を聴くだけならmineoのままです。

どんなときもWiFiのレビュー▼
【口コミ】どんなときもWiFiの通信速度は?届いたので速度を記録する

というのは、mineoには高速通信とは別に使い放題の低速モードというのがあって、自分で切替できるんですよね。で、音楽を聴くぐらいなら低速モードで十分聴けるので、どんなときもWiFiを使わずとも、MUSICサービスの利用に伴うデータ容量の消費を気にせず楽しめるからです。

mineoに申し込んだときの記事▼
ドコモでMNP予約番号を取得してmineoへ申し込み完了する

ってことで、ノイズを気にせず音楽を楽しめる状況が無事整いました。