【口コミ】どんなときもWiFiの通信速度は?届いたので速度を記録する

5月8日にどんなときもWiFiに申し込んだという記事を書いたんですがその翌日、機器が到着しましたよ。(不在だったので本日5月10日受け取り。)


▲画像:どんなときもWiFiの本体

グレーで申し込んだのにゴールドになっているのは、グレーが在庫切れになったから。けっこうみんな申し込んでいるんですねー

ちなみに、勝手に変えられたのではなく、配送前にゴールドでもいいかどうかの確認電話ありました。どっちでもよかったのでもちろんOK。で、今日届いたという流れです。

5月10日現在、公式サイト見てみるとグレーは予約注文になっています。私が申し込むときは、グレーでも普通に申し込み可能だったので、ちょうどグレーがなくなるかどうかってときだったぽいですね。

さてさて、どんなときもWiFiは使いものになるのか?ということで、重要なポイントである通信速度をこの記事では記録していきたいと思います。

公式サイト▶ どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの通信速度

とりあえず7日間(朝・昼・夕方・夜)、どんなときもWiFiの通信速度を記録します。

なぜ7日かというと「初期契約解除」の期限が、どんなときもWiFiを受け取った日から8日だから。

初期契約解除は、端的に書くと違約金なしで解約できるという制度。但し、すでにかかっている事務手数料3,000円は初期契約解除しても返ってきません。
関連 どんなときもWiFiの解約について解説。最低利用期間や違約金は?

どんなときもWiFiは2019年3月頃開始ということで、口コミ評判がまだ少ないですが、その少ない評判は概ね良いんですよね。なので、2年間使い倒す気満々で契約したんですが、疑い深い性格でして、まだ疑心暗鬼です。それほど価格に対してサービス内容がいいんですよ。

個人的に、通信速度さえ納得できれば、自宅のネット回線もこれだけでいいかな?というぐらい。

ってことで、「使いものにならないほど遅い通信速度にならないでおくれ」という願いを込めて、どんなときもWiFiの通信速度を記録していきます。

▼通信速度の測定で使ったアプリ(サイト)
Speedtest

『1日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.10(金)の通信速度]

回線 下り 上り ping
夕方(17:55) SoftBank 54.0Mbps 11.5Mbps 48ms
夜(20:15) NTT DOCOMO 30.0Mbps 9.12Mbps 41ms

初日なんで夕方と夜だけですが、良い意味でヤバイな。これは2日目以降にも期待大です。

1日目に消費したデータ通信量

4.93GBです。

だいたい5GBですね。ここで気になるのは似たようなサービス、かつ人気サービスであるWiMAXの3日制限の数字「3日で10GB」。

どんなときもWiFiは3日制限もなく使い放題ということで、いっぱい使ったときの挙動がどうなるか…。とりあえず、夕方からの利用でこれなんで、2日目で合計10GBは超えそうです。

なお、動画を見たり普通にPCやスマホでネットしていましたが、動画が止まったりネット通信が遅く感じることなしでした。

『2日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.11(土)の通信速度]

回線 下り 上り ping
朝(8:03) SoftBank 17.9Mbps 11.6Mbps 39ms
昼(12:31) NTT DOCOMO 15.3Mbps 10.6Mbps 37ms
夕方(18:08) SoftBank 38.7Mbps 11.9Mbps 38ms
夜(20:12) NTT DOCOMO 28.6Mbps 10.2Mbps 38ms

2日目もフツーに満足いく数字に。

2日目に消費したデータ通信量

6.86GBでした。

これで2日で合計10GBオーバーしたんですが、使い放題と謳ってるとおり、速度制限の気配はなさそう。といっても、ちょっとしかオーバーしていないので、3日目以降もガシガシ使っていきます。

連続通信時間の検証

どんなときもWiFIの端末は「U2s」で、その連続通信時間は公式で「12時間」と書かれています。

バッテリー不良の検証も兼ねて、初日にフル充電してから利用開始。そしてずっとつけっぱなしにして(寝ているときも)いつ充電が切れるかチェックしたところ、2日目の12時前に電池が切れるという結果になりました。

大雑把に計算して「1日目の18:00」~「2日目の12:00」までなので、18時間電池が持ったということに。ということで、ほぼ通信をしていない寝ている時間を差し引くと、バッテリーは問題なさそうですね。よかった。

他の方の悪い口コミを調べてみた

あまりに順調なので、あえて他の方の悪い口コミを調べてみました。

すると気になる口コミが2つ。

・昼と夜など混雑時の通信速度が遅くなる
・ドコモ回線のときlogiclinksに繋がって遅い

接続先がlogiclinksだと、MVNO回線扱いっぽいです。いわゆる格安SIMの回線。

つまり、個人的な見解ですが、logiclinksに繋がっているとき、格安SIMの通信速度が遅くなる時間帯に通信速度を計測すると遅い通信速度になるのでは?と思いました。

問題はいつlogiclinksに繋がるかですね。どんなときもWiFiは自動で最適な回線を選んでくれるのでこればっかりはわからないっぽい。(端末を再起動すれば回線がlogiclinksから変わることも)

地域によるのか?タイミングなのか?はたまた周りにどんなときもWiFiを使っている方が多いとか?いやこれはないか。ちなみに、和歌山在住の私はまだlogiclinksに遭遇していません。

まだ2日目ですしね。3日目に続く。

『3日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.12(日)の通信速度]

回線 下り 上り ping
朝(8:12) NTT DOCOMO 24.0Mbps 18.1Mbps 40ms
昼(12:02) NTT DOCOMO 40.6Mbps 26.1Mbps 38ms
夕方(17:59) NTT DOCOMO 32.2Mbps 10.3Mbps 41ms
夜(20:04) SoftBank 39.1Mbps 9.45Mbps 65ms

3日目も問題なしですね。ちなみに、昼と夕方は車で移動中に同乗者に計測してもらいました。移動していても問題なし。

3日目に消費したデータ通信量

3.21GBです。

今日はほぼドライブ中のみの利用。音楽を聴いたり動画を見たりしていたんですが、特に通信に問題はなかったです。トンネルとかも普通に繋がりましたし、3キャリアのLTE回線ということで、ほんとスマホが繋がる場所ならどこでも繋がるっぽいですね。

もともと私が「どんなときもWiFi」を契約した理由は、車へのWiFi環境の導入だったので、今日の結果で初期契約解除せずに使い続けること確定かな…確定です。

あとは自宅の固定回線の代わりになり得るかどうか。(現時点では十分代わりになっています。)

明日から平日。4日目に続く。

『4日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.13(月)の通信速度]

回線 下り 上り ping
朝(8:11) NTT DOCOMO 41.0Mbps 12.5Mbps 40ms
昼(12:44) SoftBank 51.9Mbps 9.69Mbps 59ms
夕方(18:04) SoftBank 29.7Mbps 12.3Mbps 42ms
夜(20:12) NTT DOCOMO 32.0Mbps 11.6Mbps 50ms

変わらず快適。

4日目に消費したデータ通信量

6.49GBでした。

書くことがなくなってきたぐらい順調です。

平日だけど、格安SIMでは通信速度が遅くなっている時間帯(私はスマホはmineoのドコモ回線を利用しています)でも、どんなときもWiFiでは快適にネット利用できています。

『5日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.14(火)の通信速度]

回線 下り 上り ping
朝(8:14) LogicLinks 13.8Mbps 6.65Mbps 46ms
昼(12:20) NTT DOCOMO 51.2Mbps 15.7Mbps 41ms
夕方(18:07) NTT DOCOMO 38.7Mbps 13.7Mbps 45ms
夜(20:35) NTT DOCOMO 42.3Mbps 13.4Mbps 42ms

ついに出た!logiclinks。

5日目に消費したデータ通信量

6.07GBでした。

ついに登場しましたよ、MVNO回線扱いと言われているlogiclinksが。

評判通り、どんなときもWiFiの通信速度を計測し始めてから一番悪い数字をたたき出しました。

とはいえ、10Mbps以上でてますし、体感的に全くわからず、Speedtestで計測して初めて気づいたレベルです。今度は、格安SIMの通信速度が特に遅くなる平日昼間にlogiclinksが出てきてほしいところですね。(どれくらいの速度になるか知っておきたい)

『6日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.15(水)の通信速度]

回線 下り 上り ping
朝(8:03) NTT DOCOMO 25.5Mbps 4.24Mbps 51ms
昼(12:26) SoftBank 43.4Mbps 6.90Mbps 54ms
夕方(18:45) SoftBank 50.9Mbps 7.76Mbps 49ms
夜(20:17) SoftBank 48.8Mbps 13.5Mbps 53ms

うん、順調。

6日目に消費したデータ通信量

6.82GBでした。

今日は特筆すべきことは何もなしです。

明日が通信速度計測の最終日!

『7日目』どんなときもWiFiの通信速度計測

[2019.5.16(木)の通信速度]

回線 下り 上り ping
朝(8:18) NTT DOCOMO 44.5Mbps 8.28Mbps 35ms
昼(12:54) SoftBank 41.7Mbps 7.74Mbps 36ms
夕方(18:13) SoftBank 47.5Mbps 11.6Mbps 41ms
夜(20:17) NTT DOCOMO 45.9Mbps 7.47Mbps 46ms

7日目に消費したデータ通信量

5.24GBでした。

はっきり言って大満足の結果!

2年間どんなときもWiFiを使い倒してみます。

【参考情報】自宅の固定回線の通信速度

自宅の固定回線にはeo光の100Mコースを契約しています。参考情報として同じ計測アプリ(サイト)で測った通信速度を掲載しますね。

▼有線

下り 上り ping
28.96Mbps 85.74Mbps 17ms

▼無線

下り 上り ping
15.13Mbps 21.41Mbps 23ms

ping値はさすが固定回線といったところですが、下り速度がどんなときもWiFiのほうが速いことが多いのに計測してみてビックリ。

契約している固定回線が遅いのはひとまず置いといてください。(住んでる場所が和歌山でも田舎のほうなのでしょうがない部分でもあるw)

【参考情報】どんなときもWiFiの内容物

最後に、どんなときもWiFiの内容物を紹介しますね。何が届いたのか?というと以下。

・どんなときもWiFiの本体
・充電ケーブル
・ストラップ
・説明書

1つ注意点として、充電ケーブルは入ってますがUSB電源アダプタがないので、充電する際は手持ちのもの(スマホの充電器などmicroUSBのもの)や別途用意する必要があります。

どんなときもWiFi本体の拡大画像


▲画像:どんなときもWiFiの電源ボタン


▲画像:どんなときもWiFiの充電するとこ

どんなときもWiFiの通信速度まとめ

以上、どんなときもWiFiの通信速度についてでした。

7日間どんなときもWiFiの通信速度を計測してみて私が出した結論は、「かなりおすすめのモバイルルーターである」ということ。

ひとまず通信速度の計測報告は終了しますが、計測は毎日していくので、極端に通信速度が遅くなった日が続いたり、頻繁に接続が途切れたりなど、どんなときもWiFiを契約してミスった!ってことがあれば、この記事に追記しますね。

では、よきWiFiライフを。

公式サイト▶ どんなときもWiFi

▼1ヶ月後にAmazonギフト券プレゼントメールが届きました…!
どんなときもWiFiのキャンペーン?レビューでAmazonギフト券をゲット

▼最新の感想
通信障害がきつい…。どんなときもWiFiを10ヶ月使った結末