一体型PCのHDDをSSDに換装する際に必要なものを紹介

長年使っている一体型PC(VAIO/VPCJ238FJ)、まだまだ使い倒そうと思いSSD換装を決行!そして無事成功しました。これからもよろしくmy PC。

ってことで、この記事では、HDDをSSDに換装する際に何が必要だったか紹介していきます。

HDDをSSDに換装する際に必要なもの

リカバリーディスク

リカバリーディスクとはPCを初期化する際に必要なものです。私は32GBのUSBに作成しました。

SSD換装と直接関係ないんですが、念のため。

ちなみに、SSD換装したあと、Windows7→Windows10へのアップグレードもしたんですが、リカバリーディスクの出番はなかったです。

趣味で使ってるUnityの具合がちょっと悪くなったんですが、それも無事解決↓
【対処法】SSD換装してWindows10にしたらUnity Hubが使えなくなった

SSD

肝心のSSD本体ですね。

私が購入したのはコレです↓(8,480円)


Crucial SSD 500GB 7mm / 2.5インチ MX500シリーズ SATA3.0 CT500MX500SSD1/JP

より安いSSDも他にあったんですが、PCのデータを保存する重要なものなので、人気かつ評判の良いものを選びました。

500GBを選んだ理由は、ただ単位にHDDに保存しているデータが120GBちょっとだったからです。余裕をもって500GB。

SATAケーブル

SATAケーブルは端的に書くと、購入したSSDとPCを繋ぐケーブルです。

SSD換装にはいくつか方法があるみたいですが、私はHDDを一体型PCから外す前に、HDDのデータをSSDにコピーしてから、HDDとSSDを入れ替える!ってのをやりたかったんですよね。

SATAケーブルは、HDDを一体型PCから外す前にHDDのデータをSSDにコピーする、いわゆる「クローンSSD」を作るために必要なものです。

いろんなものがありますが私が購入したのはコレ↓(699円)


ELUTENG SATA USB 変換 アダプター 2.5インチ SATAケーブル 5Gbps 高速 SATA3 コンバーター USB3.0 2TB SSD/HDD 外付け 変換 コネクタ ハードディスク ポータブル

なお、クローンSSDを作る際に利用したソフトは「EaseUS Todo Backup」(無料)です。120GBでだいたい2時間弱ほどでクローンSSDが作成できました。

で、HDDを外してクローンSSDをPCを繋ぐとデータそのままでSSD換装が無事完了したというわけです。実にあっけなかった。

【おまけ】両面テープ

一体型PC(VAIO/VPCJ238FJ)の中にあったHDDのサイズは3.5インチで、購入したSSDのサイズは2.5インチなんですよね。HDDのあったスペースに入れると当然ながらスカスカです。

宙ぶらりんでもよかったんですが、両面テープで固定すると気持ちスッキリしました。

余ったHDDは外部HDDとして活用する

最後に。

交換したHDDの容量は1TBあります。壊れたわけじゃないですし、これは有効活用しないともったいない!…ので、外部HDDとして再利用することにしました。

その際に購入したのはコレ↓(1,587円)


玄人志向 3.5型HDDケース SATA接続 電源連動 USB2.0対応 マットブラック GW3.5AA-SUP/MB

(USB3.0に対応していないの後から気づいたw)